エロエロセックスにどっぷりハマってしまうOカップ清楚系JK夏帆ちゃんとPカップ人妻の秋乃さん

saimin

1か月前、大嫌いなチャラ男先輩(郷田)に催眠アプリで堕とされた 綾瀬 夏帆。
校内一のムチムチドスケベボディを持つ夏帆は、郷田のお気に入りの「唯一飽きることがないセフレ」であり、そのむっちむちのドスケベボディを郷田は1カ月の間じっくりと堪能していた。

とはいえ、たまには違う刺激も欲しいと思考を巡らせる。しかし夏帆の極上ボディを味わってしまった郷田は、今いる他のセフレの抱き心地に満足できなくなってしまっていた。

そして脳裏をよぎるのは、夏帆の母親である 綾瀬 秋乃。

後々の面倒ごとを避けるため今まで人妻に手を出したことはない郷田だが、夏帆以上のドスケベボディを持ち、欲求不満なのか異常なまでのメスフェロモンをムンムンと醸し出す秋乃に、食指が動かないわけがない。

1カ月の間で「催眠アプリ」はアップデートされ、「常識改変催眠」が可能となっていた。
かといってこのまま催眠アプリに頼りきるのも、これまで幾多の少女を手中に収めてきた雄としては矜持が許さないところがあったので、まずは自身の手で探ってみようと企てる。

check

ドスケベセックスにはまるPカップ人妻

hitoduma
36歳、専業主婦の綾瀬秋乃

夏帆が部屋に郷田を連れ込む様子から娘に彼氏が出来たと微笑ましく思っていたものの、部屋から聞こえる声はドスケベセックスに耽る娘の下品な声ばかり。

夏帆を心配すると同時に、夫と位h差敷くセックスをしていない秋帆は似たりの交尾声を聞かされ、ムラムラを抑えきれず、以前は週1~2回だったオナニーが週7回に増えた。

ちなみに、夫以外とのセックス経験はない。

Oカップ女子校生のドスケベセックス

kaho

バストサイズがKカップからOカップに上がった女子校生の綾瀬夏帆。

催眠により堕ちた夏帆が大嫌いなチャラ男先輩である郷田のセフレになってからの一月後、バストサイズが10ほどアップ!

平時は以前のように清楚なふるまいをしているが、郷田とのセックスになると途端にドスケベになる。

郷田とセックスできない日の晩はねちっこいオナニーでドスケベボディを慰めるものの結局満足できずお終いとなる。

なのでおあずけされた翌日の郷田とセックスでは、よりドスケベに、より交尾的なセックスに耽ってしまう。

check

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする